PowerDirector14モーショントラックの使い方

ここでは、PowerDirector 14の使い方

PowerDirector14新機能である、モーショントラックの使い方です

■先に、初心者さん向けに、モーショントラックとは、何かというと、
動きのある物体に対して、自動で指定した対象物を追跡する機能です

■この記事内夜を静止画だけでは、説明しずらいとので動画でも操作手順を説明しています
初心者さん向けにモーショントラックの使い方PowerDirector 14

●実際の例としては、
歩いて移動している人物の顔にモザイクをかける場合や、車のナンバーにモザイクなど、
過去バージョンまでは、手動でキーフレームを使用してました。
それが、モーショントラック機能では、自動になって、初心者さんでも
超簡単に、できるように、なったのです

■ここでは、動画素材として、池で泳いで移動するカモを素材にして説明します
(※カモだとおもいますが、鳥類には詳しくないので。)

手順1 まずは、フル機能エディターで起動して、素材を読み込み、
タイムラインにドラッグした状態です
001

手順2 モーショントラックをかけたい開始位置を決めます
タイムスライダーを動かして、だいたいの位置を指定します
003

手順3 素材をクリックして、選択状態にしてから、「ツール」ボタンをクリックして、
その中から、「モーショントラック」をクリックします
002

手順4 モーショントラック設定画面が表示されます
開始位置は、このプレビュー画面でも調整できます
004

手順5 プレビュー画面の中央に、白枠が表示されていますが、これを移動させて、
対象物にかぶせます。
この白枠をトラッカー選択ボックスと呼びます
004

手順6 この例では、すぐ右下の「カモ」にかぶせています。
トラッカーを移動させ枠が大きいので、サイズを調整します
006

手順7 できたら、「トラッキング」ボタンをクリックします
007

手順8 移動するカモに、黄色枠のトラッカーボックスが自動で追跡していきます
008

手順9 しかし、時には、トラッカーボックスと対象物がすれる時もあるので、
その場合は、「停止」ボタンをクリックして、停止させます。緑矢印
※この例では、移動中のカモ(青矢印)と、トラッカーボックス(赤矢印)がずれています
009

手順10 停止すると、また、トラッカーボックスが、白枠に戻るので、
対象物にかぶせます。できたら、また「トラッキング」ボタンをクリックします
010

手順11 対象物のトラッキングが終わったなら、
●この例では、カモにモザイクをかけてみます
左側の「fx」ボタンをクリックします、するとメニューが表示されます
モザイクを選択します、青綾印
対象物に合わせて、モザイクのサイズを調整します、黄矢印
012

手順12 プレビュー画面にて、トラッカーボックスの中に、
青枠がさらに表示されました、これが、モザイク表示枠です
この青枠サイズを調整して、カモ全体にモザイクをかけます
013

手順13 モザイクのサイズが調整できたら、完了ですので、
右下の「OK」ボタンをクリックします
014

手順14 「OK」のあとは、元の画面にもどりますので、
ここで、もう一度、対象物にモザイク設定が正しいか、
プレビュー画面で確認したほうが良いでしょう

★最新のWindows10対応で完全日本語対応です
PowerDirector 14 Ultra (パワーディレクター 14 ウルトラ)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする