PowerDirector14使い方はじめに

はじめに、PowerDirector14使い方サイトでは、

初心者さん向けに、動画編集ソフトの基本操作方法を説明しています
(パワーディレクター14 使い方 初心者さん入門サイト)

このサイトでは初心者さん向けに、簡単に入門編として解説しています

もちろん、動画をDVDに焼いて家庭用レコーダーで再生して、TVで視聴できます
動画編集ソフトですが、オーサリングとディスク書き込み機能も備わっています
このソフト1本で、動画編集したあとに、そのまま、DVDメディアやBlu-Rayメディアに
焼くことができるのです

ビデオ編集ソフト のCyberlink PowerDirector 14は、最新のWindows10対応で
完全日本語対応です(最新バージョンは16です)
かんたん快速、PowerDirector 16/360種の初心者向けテンプレート搭載バージョン

バージョン14は、PowerDirector13より、新機能が追加されています

PowerDirector 14の新機能は、初心者さんにとって超便利機能になっています
■アクションカメラセンター
■ハイフレームレートビデオの取り込み、編集、書き出し
■モーショントラック
■クイックプロジェクト
■スクリーンレコーダー
新機能の操作方法も簡単に詳しく説明していきますが、その中でも
特にモーショントラック機能は、初心者さんには絶大な便利機能です

PowerDirector14は、動作も軽く、動画編集ソフトとしての機能も豊富ですし、
またテンプレートが充実しているので、それを使用すれば、さくっと作成できます
写真のスライドショーなdも、簡単作成できます

写真のスライドショーも簡単にできます

スライドショーとは、写真をテレビで見れるように、DVDに書き込むやり方です。下図

700

動画編集ソフトでありながら、オーサリングとディスク書き込みが一度にできます
テレビで視聴できるように、DVDメディアやblu-rayメディアは当然できますし、
さらには、AVCHDとしてDVDメディアにも焼くことができます。

簡単に家庭用レコーダー(プレイヤー)で再生してテレビで視聴できます

その一例が、以下の画面ですが、まずメディアを示すアイコンボタンが4つあります
動画をDVDに焼くなら、DVDのボタンですし、動画をブルーレイならblu-rayボタンです
通常は、それだけでできます。緑枠
AVCHDにおいては、さらに、DVDメディアImgBurnが以外にも、メモリカードなどが、
選択できるようになっています。赤枠

出力設定も豊富です、H.264とH.265」の両方にも対応してます

元の拡張子から、ここで必要なら拡張子に変換して、出力できます

下図では、H.264において、拡張子をmp4、mkv、m2tsで選択して、出力する画面です

動画投稿サイトに簡単にアップロードできます

最近では、YouTubeやニコニコ動画やFacebookなどにも、
動画を投稿する人も、増えています
そのような場合に、このソフトでは、下図の画面から、見てわかるように、
編集した動画を簡単に、投稿できるようになっています

出力においては、デバイス機器用で再生できる形式で出力できます

下図では、SONYデバイス機器を選択しています、さらに機器を選択できます
PlayStation (ゲーム機)PlayStation3/4他、PlayStation Vita、PSPなど
出力できます。

その他に、よく質問を受けるのが、PowerProducer6です

PowerProducer 6は、オーサリング特化した専用ソフトです
動画のカット編集の簡易編集はできますが、本格的な動画編集機能はありません
動画を家庭用レコーダーで再生できるように、
DVDやBlu-Rayに焼くことは、もちろんできます

このソフトの特徴としてBDAV作成ができることです
詳しくは以下記事で参考に
PowerDirector14とPowerProducer6の違いは

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする